かわらさんのブログ

かわら(香春)さんの徒然ごとを書いたブログ
スパムと判断したものは、削除します。
CALENDER
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+Twitter
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
兵庫県南部地震 〜回想〜
今日は、大きな地震があった。

その時、私は大阪の阪神淡路大震災被災地域の隣の隣町に住んでいた。

その日は、受験勉強のため3時くらいまで勉強していたので、ぐっすり寝ていたけれども、弟の悲鳴で目が覚めた。

弟は2階と1階のあいだの階段で上から落ちてくる大きさ1.2mの絵画が落っこちてきたりして悲鳴をあげたのだという。

地震のあと、電気がつかなくなった。
でも、何故かガスがついた。ガスの明かりで懐中電灯を捜して、なんとか明かりをつけた。テレビもつかなく、ラジオもどこにあるかわからないなか、暗いなかとにかく待っていた。

父が外を見に行くと、近所の車がたくさん道路に飛び出していた。
たぶん、サイドブレーキをひき忘れていたからだろう。朝5時代だったから良かったけど、昼間だったら大変なところだった。

私は、震度5以上の揺れがあるとガスが止まると聞いていたので、ガスメーターを見に行った。
しかし、止まっている形跡はなかった。ガスメーターもいい加減なものである。

20分位してからだろうか、電気がついた。
周りの家からも歓声があがった。(普段から阪神戦でよい場面が起こると歓声が起こるのだが)

その後テレビを見ていると、震源は淡路島というのに、最大震源地は京都で震度5だと言っていた。何故か、神戸から震度情報がなく、揺れなしといった報道だったと思う。

しかし、とんでもない勘違いで、淡路島が震源の地震で、神戸が揺れないはずはない。
日が明けてから、状況がわかってきた。高速道路が倒壊。鉄道は寸断といった。あの状況である。

7時頃、とりあえず、今日は学校がありますと連絡がかかってきた。
学校に行く途中も余震が続く中、なんとか学校に着いたが、皆動揺していた。

・テレビが落ちてきて怪我をした。
・ガラスが落ちてきて
・神戸の親戚と音信がとれない。死んだかもしれない。

などなど。
とにかく、パニクっていた。

そして、困ったことに一番パニクっていたのは実は教師だった。
授業をやるべきなのか、帰すべきなのか、給食はあるのか?ないのか?といったことが何1つ決まらず、外で遊んでいるか、教室で震災特番を見ているだけかということであった。

そして、授業はなく、給食だけ食べて帰ることになった。
その給食が大変だった。
なんと、パンが届かないので、パンはなし、牛乳とおかずのみ、しかもその時にある材料で作ったあり合わせのメニューというすごいことになってしまった。

実は、その時食糧不足が忍び寄ってきた。
トイレットペーパーパニックではないが、店から食料が消えた。
売るものがなく、早々とスーパーは閉店。

うちに帰っても、たよりになるのは冷蔵庫の中だけ。できるだけ節約して飯を食うしかなかった。

翌日以降少しずついろいろなものが戻ってきて、平常の生活に戻ったのは、1週間後くらいだったろうか…。


PS
そのあと、受験勉強そっちのけで震災特番を見ていたら、志望校に落ちたとさ。
ダメぽ
| kawaramachi | Geography | 05:46 | comments(0) | - |

コメント
コメントする