かわらさんのブログ

かわら(香春)さんの徒然ごとを書いたブログ
スパムと判断したものは、削除します。
CALENDER
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+Twitter
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
近頃、読書をしていない気がしたので、池フクロウの本屋さんまで行ってきました。

そうすると、自分の専門関係の地図まで得られていることに気が付きました。
こないだは、ある研究会が自費出版している本(書店では普通入手できない)が、売られるようになったりすごいですね。

で、あるコーナーを覗いていたら、
「寺田寅彦は忘れた頃にやってくる」

という本があった。
ご存じの方も多いと思いますが、寺田寅彦先生は大正関東地震当時の東京大学地震研究のNo.2で、実験物理学者、地震学者、随筆家(吉村冬彦)などで、「災害は忘れた頃にやってくる」という言葉も先生が一番最初に言い始めた言葉もあります。
この本を立ち読みしていると、そういった寺田先生の人生のエピソードをつづっており、市中を走る続行路面電車の混雑度を調べるなど、身近なものを記載することで、サイエンスを発展させたという話などが載っている。
あまりにおもしろいので衝動買いしてしまった。

その後、ふらふらしながら家路についたのでありました。

| kawaramachi | Daily Life | 23:38 | comments(0) | - |

コメント
コメントする